記事量を増やす

記事量を増やす。(要するにサイトのボリュームを増やす)記事内のキーワードを散らす。あまりキーワードを増やしすぎない(適度な数値)、おおよそ3%程度がお勧め。SEO対策上増やしたくない単語は画像でカバーする。

 画像のALTに適切なキーワードを埋め込む。入り口となるページ(通常はINDEX)では文章量を抑える。同じく入り口のページでは他のサイトへのリンクは極力減らす。来年に向けてテーマ:日記,趣味,小説。来年(2008年)の目標です。

 と言う訳で今年最後のブログ記事となりそうです。個人的に付き合いのない方『来年もよろしくお願いします』中国の検索最大手「百度」テーマ:日記,趣味,小説  中国での検索エンジン最大の百度が日本へ本格てきに進出することを決めたそうです。http://www.baidu.jp/

 そのテンプレートが完成すれば、公開致しますが、その折にはブログでも紹介したいと思っております。現在26位です。テーマ:サイドビジネス、もちろん狙っているキーワードは「ホームページ作成」でして、26番目に表示されると、他の検索ワードも含めておおよそ30名ぐらいの方からのアクセスがあり、平均PVは120程度になっています……テンプレートとして公開に続く。

小説の書き方、というサイト

  1. 発毛……18文字以内になるよう調整
  2. 転職活動 ……そうなると誰も知らないDANCE!!
  3. 主婦 キャッシング……と言うので、○としています
  4. アフィリエイト……語句がなくなります
  5. 内部対策……それは別のページに

 小説の書き方、というサイトが(今日現在)一番上に表示されます。ちなみにタイトルをどのように決めるか? は最終的に誰も知らないさんが決めることですので、今の内に色々と研究されると良いと思います。さて次です。h1は見出しタグだと説明しましたが、実はh1〜h6まで使用できます。

 ひとつのページに使える回数はh1は一回、h2は2回、h4なら4回までと思ってください。文字の大きさはh1が一番大きくh6が一番小さいと思ってください。検索エンジンから見て重要視される度合いはh1h2h4の順番で重要視される傾向があったようです。(現在はあまり意味を持たない)

現在あまり意味を持たない

 現在あまり意味を持たないのであれば、研究する意味は無いと思われるでしょうが、この見出しタグの特性をそのまま応用すれば、自然とSEOが成り立ちます。つまりひとつのページで使用する見出しタグはh1〜h6まで、すべてを使うと考えて仕上げると良いのです。

 ただし使い方の基本がひとつだけあります。一番最初に使うタグはh1なんですよ。その次はh2そしてh3と続けて使います。h3を使った後にh2が使われても問題ありませんが、h1を使うことだけはできません。(というか一回しか使わないから)

ブログで稼ごう